山形県 感染症発生動向調査(週報)
 山形県 感染症発生動向調査(週報)(毎週水曜日に更新予定)
                    
          第29週     第28週     第27週    



ヘルパンギーナの報告数が増加しています。
  予防法は、こちらをご覧ください。 ⇒ 「ヘルパンギーナ予防法」

   ヘルパンギーナ: 夏季に流行する子どもの夏かぜで、患者は4歳以下が多い。
               突然の高熱での発熱と、口腔粘膜に水泡性発疹ができるのが特徴。


★ 感染性胃腸炎の予防法は、こちらをご覧ください。⇒ 「感染性胃腸炎予防法」

関連リンク
 ・国立感染症研究所 感染症疫学センター
    ( 感染症週報(IDWR):全国版

 ・厚生労働省

 ・山形県庁